2010年02月20日

確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』

確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』

あなたの税金も安くなる!たった1時間で17万円も節税!【確定申告簡単動画ツール】










儲かっている以上、確定申告をしなければ「脱税」扱いされてしまいます。

さらに・・・

実は、場合によっては確定申告をすることで、税金が返ってくることだってあるのです。

そのためにも確定申告をするということ、すなわち、確定申告に対しても、攻めの姿勢が
必要になってきます。

ところで、確定申告で税金が返ってくると言いましたが、
今年から起業された方やサイドビジネスを始められた方は、その可能性が高いのです!

どのような人かといえば、「赤字」が出た人です。
赤字の人で、サラリーマンもしていれば、かなりの確率で税金は返ってきます。


確定申告は、税金を納めるだけのものではないのです。


とはいえ、やはり「確定申告」。
とっつきにくいイメージがあると思います。

まず、「何から始めればいいのかがわからない」方が多いことでしょう。


そこで弊社では、初心者の方から中級者まで、わかりやすく、かつ簡単に、
確定申告ができるセットをご用意させて頂きました。


まずは、「お金が戻ってきた!」と体感していただきたいのです。

そして、それを体感するのは本当に簡単なことなのです。

なぜならあなたがやるべきことは、たった3ステップだからです。

STEP1.60分の動画を見ながら入力する
STEP2.入力した内容をプリントアウトし、ハンコを押す
STEP3.ハンコを押した用紙を期間中(2月15日〜3月15日)に税務署に郵送する

つまり、あなたは税務署に行く必要さえないのです。


それが当マニュアル、

【あなたの税金も安くなる!!確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』】

です。



ちなみに、当動画マニュアルでは、
たったの60分ほど、動画に従って手順通り作業していただけるだけで
簡単に確定申告書を作成することが可能となります。


この

【あなたの税金も安くなる!!確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』】

の内容を一部ご紹介すると・・・



あなたはたった2つの書類を税務署に提出するだけで、
     「事業主」としてお得な税金計算ができます。
     この2つの書類とは、「個人事業の開廃業等届出書」と
     「所得税の青色申告承認申請書」です。
     必ず提出するようにしましょう。
     そのためにすることは・・・


節税とは、正しく基本さえ抑えておけば実践できるものです。
     紹介する節税ノウハウをフル活用していただくことで、
     次年度以降も大幅な節税が可能です。
     その合理的節税術とは・・・

基本的には上記でもお話した通り「事業所得」として
     申告するようにしてください。
     そうすることで税金を安くすることが可能です。
     ちなみに、
     継続的でないと考えると「雑所得」として申告することになります。
     事業所得を選択した場合・・・



基本的にすることは変わりません。
     サラリーマンがアフィリエイト収入等がある場合、「副業」と呼びます。
     が、その額が高額になる方も続々とでてきています。
     「副業」よりも「事業」として申告した方が・・・
あなたの税金も安くなる!!確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』




確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』
posted by 確定申告 at 07:55 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確定申告簡単動画マニュアル

確定申告簡単動画マニュアル

あなたの税金も安くなる!
たったの1時間で17万円もの節税が…!!

誰でも簡単にできる、確定申告動画マニュアルと
『超合理的』節税ノウハウのパッケージです。

メールサポート付きですので、ご安心ください。


自営業、個人事業主、あるいは
ネットビジネスなど副業をしている方、

あなたのビジネスに大きく役立つでしょう。
あなたの税金も安くなる!!確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』



あなたがこのような負のスパイラルにおちいっているのなら、
ぜひ、この先を読み進めてください。

今まで、あなたが確定申告でつまづいていた様々な障害を排除し、
マニュアル通りに実行していただくことで、
驚くほど簡単に、確定申告書を作成させてみせます!


しかも、紙面ではなく、動画で解説していきます!


動画ならではの、細かい注意点も説明させていただきます。
(確定申告書は、実際は記入しなくてもいいところが盛りだくさんなのです。)


当マニュアルの確定申告書動画解説時間は、わずか60分です。

つまり、たったの60分の解説+あなたの作業時間60分とすると、
2時間であなたにも確定申告ができる、ということです。

しかもしっかりと節税をし、税金を安くしながら。


当然のことながら、節税に関するノウハウはマニュアルで解説しています。
このノウハウは弊社専門スタッフの知識と経験の結晶となっています。


※ ただし、既に税理士に高い報酬を払って顧問契約をされている方で、その上、
  顧問税理士から適切な節税アドバイスを受けている方は、この手紙は必要でないので、
  画面を閉じていただいて結構です。



ビジネスをしていく上で、税金の基礎知識は必ず必要です。
それがあなた自身の身を守ることになり、また知的財産になるのですから。

もし「まだ確定申告しなくても大丈夫」といった考えをしているあなた、




確定申告の時期になったところで、税務署や商工会議所で確定申告セミナーをするものの、
やれ帳簿をつけろだの、やれ会計ソフトを使えだので、詳しい方法は誰も教えてくれません。

結局肝心なところはわからないままなのです。


重要なことは、

【できる限り手間をかけず、かつ、簡単に、税金を安くしながら確定申告書を作る】

たったこれだけなのです。



税金や申告を「わからないから」や「面倒くさいから」と先送りにしてきたあなた。

そろそろ、合法的に税金を安くし、
しかも簡単に確定申告ができる方法をマスターしてみませんか?

でないと、余分な税金を納めてしまうことになってしまいますよ。
それは、あなたの知らないうちに・・・




この赤字こそが、あなたの税金を安くするアイテムなんです。

この赤字、実は最大で50%もの税金を安くしてくれるものだと知っていましたか?
(※ 最低でも15%は安くなります。)

あなたのその赤字は、今はただの赤字でも、とんでもない可能性を秘めているのです。


しかし、それを知らなければ、あなたはかなりの損を、今後もしていくことになります。


他に「雑所得」と「事業所得」との違いを知るか知らないかだけでも、
相当な金額の税金がかわってきます。

どちらがお得なのかというと、間違いなく「事業所得」なのです。
ご存知でしたか?


では、なぜ「事業所得」の方がお得なのでしょう。

実はこれがミソなのですが、

「青色申告をしている者で個人事業(事業所得)をしている場合は、赤字が繰り越せる」

のです!


少しわかっていただけたでしょうか?



ビジネスを始めてから、必死になってがんばってきた。
そして、ようやくひと段落ついて「確定申告」のことが気になり始めてきた。


そうなったときに・・・



と意気込んでいるのなら、特に要注意です!


「今はわからないから、とりあえず放っておくか。」
「後から考えたらいいか。」
「年度末に対策したら大丈夫だろう。」

などという考えは今すぐ捨ててください!

何もせず今のままだと、せっかく稼いだお金が税金で取られてしまいます。

しかもそれだけでなく、
もし、「確定申告しなくてもバレないだろう。」 と考えている方は、

今すぐ考え直して下さい!

本来の税金どころか、罰金を払うことになります。


あなたは、




申し遅れました。
私は、株式会社 OMコンサルティング 比嘉と申します。

弊社は、会計事務所や経営コンサルティングファーム出身者の
税務・会計、人事・労務、法務、マーケティングなどの専門家集団からなる
経営コンサルティング会社です。

その中で私は弊社『税務・会計』チームに属し、
「これから起業したい!」という方や起業したての
個人・法人のクライアントの経営方針・売上予測、キャッシュフロー計画など、
財務(主にお金に関する分野)をサポートをさせていただいております。


その仕事の中で、


そのようなことにも多々遭遇してきました。

また、売上を隠したがるお客様もいました。



先日、とあるお客様から「個人事業って簡単に売上を隠せそうだな」と言われました。

悲しいかな、個人事業はそういう風に見られがちです。
なぜなら、現金商売が多く発生してしまう関係上でしょう。
が、実際はそううまくいきません。

税務署もそのような点は十分に理解しております。

輸入ビジネスやネットビジネスであれば、銀行やASPを使う以上、必ず記録が残ります。
ただ、世の中の人はそう思っているのか、と思わされました。

そこで私から、ビジネス全般に取り組むあなたへお伝えしたいことがあります。

税務署が何も知らないとお思いですか?



今まで認知の低かった、輸入ビジネスやネットビジネスも広く一般に浸透しています。
それは税務署サイドでも同じことです。
美容室や飲食店だけではなく、

こういった新しいビジネスに対しても税務署は対策を練っています。



いいえ。
あなたにも、税務調査が入る可能性は十分にあります。

少額とはいえ、利益が出ていれば狙われる可能性はあります。

これだけネットワークが発達しているのですから・・・
想像していない場所から情報がもれたりするわけです・・・


例えば飲食店や美容室の場合を考えてみましょう。

税務調査官が、事前に「お客」として店舗を訪れて、
レジを打っているかどうかを確かめることだってあります。

この店は客によってレジを打っていないのではないか、
予約帳から名前を外しているのではないか、といったような事前調査があるのです。


また、ネットビジネスの場合であれば、大手ASPに税務調査が入るとします。
そこで売上が高いアフィリエイターやンフォプレナーから順にピックアップし、
各人が申告しているか調べたらどうでしょう?

もし申告漏れがあれば・・・

本来払うべき税金以外にも罰金を払わなければなりません。
下手をすれば、本来の税金の1.5倍以上なんてこともありえます。

そんな無駄なことをすべきではありません。

しかも、一度税務調査に入られて脱税要素が見つかると、
次回の調査が入りやすいのです。
これは当然ですよね。

逆を言えば、調査に入られて何もでてこなければ、次回の調査は入りにくくなるのです。




それでも、自分には関係ない、といったように、
そういった確率論にまかせて、いつまでも軽視し続けるなら、それはそれでかまいません。

ただ、これは他人事ではないのです。

事実、私は多くの税務調査に立ち会ってきましたが、多くの経営者が同じようなことを
おっしゃっていましたので・・・


そして・・・

我々があなたに学んでいただきたいもう一点。


それは、



ということです。


個人事業主の方はもっと真剣に、
今サラリーマンをしている方は、今後のために、これほど良い経験になることはないでしょう。

自分で決断することで、利益が出るのか、損失が出るのかが決まるのですから。

また、動かなければ何も起こらない、そのことがよくわかります。

これは、通常の仕事ではわかりにくかったりします。
やはり、「自分のお金を使う」ということが、大きな役割を果たしているのだと思います。

せっかくですから、お金を稼ぐことと同時に、もっと大事なことを学んでみませんか?


当マニュアルでは、毎月の収支に関してもわかる集計表を用いておりますので、
必ずや経営の勉強になり、その経験は、実際の経営に役立つことでしょう。

もちろん、簿記に関する特別な知識は必要ありません。
ツールに数字を入力していただくだけで、簡単に必要な情報が得られます。

今までにはなかったことを学んでいくことでしょう。

税金を安くするための節税と、
自分がより高みに上る為の経営の勉強の両方を同時にできるのですから。



でも・・・、やっぱり・・・、



知っていますか?

実は税金の計算は、「あなた自身がしなければならない」ということを。

あなたはこう思うかもしれません。
「税務署の窓口で計算してくれるだろう」

半分は正解ですが、半分は間違いです。

何が間違いかと言うと、所得計算は自分でしないとダメということです。

この「所得計算」というものが、確定申告の全作業中で一番時間がかかってしまうものです。
ちなみに、所得計算とは、売上から経費を引いたものです。

知らないとできない、と思われがちのこの作業も、できるだけ簡単にまとめられるように、
そう思って作ったのが、当マニュアルセットになります。





確定申告というのは、1年分(1/1〜12/31分)を、翌年の2/16〜3/15までの間に、
整理して提出する、というものです。

もちろんですが、この時期は税務署の相談窓口に、
確定申告をしなければならない人がたくさん訪れ、非常に混み合います。
2時間待ちなんてこともありえます・・・

それだけの人が「所得計算をしてください」と言ってきたら、税務署だってお手上げです。

なぜなら、
売上の集計から、経費の集計をしていたら、一人当たり何時間かかると思いますか?

物理的に無理なのです。

また、所得計算はしたけど、確定申告書の書き方は?
となっても、「確定申告の手引き」たる冊子を渡されて、自分で書いてきてください、
となりがちです。

時間があれば、確定申告書まで作成してくれることもありますが、
この時期ばっかりは、なかなか作成してくれることもありません。


ここであなたが疑問にもっているのは、経費の範囲ではないでしょうか?



ただし、「事業に関連している」ということが必要になってきますが。
ちなみに「事業に関連している」とは、売上に繋がるということです。


例えばですが、
美容室を営んでいて、雑誌やマンガを購入した場合。
それを家に置いていたら経費になりませんが、お店に置いていたら経費になります。



上記の例からもわかるように、同じものでも経費になったり、ならなかったりします。

税務署では、このようなことを積極的に教えてくれることはありません。
その知識があって、初めて経費にできるのです。


特にネットビジネスに取り組んでいる方は、ご注意ください。
あなたの税金も安くなる!!確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』






確定申告簡単動画マニュアル

あなたの税金も安くなる!
たったの1時間で17万円もの節税が…!!





情報起業で副収入ゲットしよう

http://blog.livedoor.jp/k2208jk/
posted by 確定申告 at 07:54 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確定申告簡単動画ツール

確定申告簡単動画ツール

あなたの税金も安くなる!!
確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』












たったの『3分間』、時間をかけた以上の価値をあなたにご提供いたします。
ですので、雑学を得る、と思ってこの手紙を読んでみてさい。

今からお伝えすることは、
個人事業をしている、副業をしているといったことは関係ありません。
また、全く稼いでいないから、といったことも関係ありません。

この手紙で私が言いたいことを1行で要約しますと、
「確定申告をしないということが、多大なる損失をあなたに与えています!」
ということです。

もし、あなたが私の言っていることに対して、わずかながらも関心をお持ちいただけるなら、
この手紙はあなたの期待以上の働きをし、あなたの税金をも安くしてくれるでしょう!

しかも、税金を安くするために、合法的・合理的な節税とはどういったものなのか?
そのようなノウハウもお付けして・・・



「確定申告なんて素人には難しすぎる!」
「税金のことなんてさっぱりわからない!」
「節税ノウハウなんて、市販の本に書いてある程度だろう!」

そう思ったあなた、
あなたの考えを180度変えて見せましょう。


実際私の知る限りでは、かなりの方がチャレンジしています。
現に、書店にも確定申告関係の書籍が山積みになっているのを見れば明白です。
それだけ多くの方が、確定申告について知ろうとしている証拠です。
そして、書店に並んでいる確定申告本を購入し、いざ書類作成に取り掛かると・・・



このような流れになる方が、大半を占めている様子です。


では、なぜ途中でドロップアウトしてしまうのか?


それは、内容が充実するのはいいが、細かすぎてよくわからない言葉が出てくることや、
紙面上で説明されても、どこに記入すればいいのかよくわからない、
といったことが主な原因です。


これまでの確定申告本で、

「なぜあなたが確定申告を組むことができなかったのか?」
「なぜ余計な税金を支払っていることにさえ、あなたは気づかなかったのか?」

をお伝えするのが、この手紙を書いた目的なのです。


正直、どこの書店でも、「確定申告」関係の本は手に入ります。
またネットを使う方であれば、アマゾン等で検索すれば様々な本が手に入ります。


などなど、一見すぐに確定申告が組めるのだ、と思ってしまいます。


もちろん、これらの本は簡単に書いています。
ただし、我々会計に携わる人間にとっては簡単かもしれませんが、
こと税金のことに関して何も知らない人が読んだらどうなんだ・・・
と、我々は感じております。
※ もちろん、全てがわかりにくい訳ではございません。


実際、書籍を手にした方のほとんどが、途中でドロップアウトしてしまう現実があるのです。

あなたにとって、
確定申告関連の本がコレクションになったところで、何の意味をも持ちません。


事実私が、会計人としての仕事に携わった当初、全く確定申告がわかりませんでした。
理解するのに相当の時間を費やしました。

会計や税金のことを日々勉強していてもそこそこ時間がかかるのに、
会計や税金の専門家でもないあなたが、1年に1回、確定申告の時期だけ
税金について詳しくなる、ということは難しいのではないでしょうか?


しかし、確定申告をしなければいけない、ということも事実です。
ですが、税金のことはあまり人に聞けないという相談を数多く受けています。
知っている人もそんなにいませんから。


そうすると、次にすることといえば、
あなたの税金も安くなる!!確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』





確定申告簡単動画ツール

あなたの税金も安くなる!!
確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』





posted by 確定申告 at 07:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
デトックスティー @デトックス市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。